So-net無料ブログ作成

始まりはソバから [週末のこと]

正しくはお猪口から、というべきだったか
DSCF3245.JPG
もうこの機会を逃すと春リベンジは無理なので勝手を言いまして
DSCF3247.JPG
先ずは西尾市幡豆の山崎醸から
DSCF3248.JPG
ホタルイカと鳥貝、ウルイを酢味噌と木の芽の香りで
DSCF3249.JPG
まだ始まったばかりだけどシメサバ最高!
DSCF3252.JPG
じーっくり焼いた厚揚げにお醤油ジュウ♪
お代わりは阿久比米の丸一酒造ほしいずみ

さて、お蕎麦どうしようか?
美味しいお酒がある以上二人とも天婦羅だわねー
DSCF3254.JPG
サクサク、ハフハフ、きゅー!
DSCF3255.JPG
10割せいろは間違いなく美味しいのだけど
DSCF3256.JPG
かけもイイもんです♪お出汁どんだけでも飲めてしまう~
もちろんアノ蕎麦湯もしっかり頂いてお腹一杯♪
相変わらずお話も盛り沢山ですっかり長居してしまったよ
DSCF3258.JPG
食後にチョイとお散歩して、あれこれ色々素敵なものを見せてもらって
さらにバスでグルグルと・・・あ、このままバスに乗って行けば
朝に教えていただいたご案内にぴったり!ということで
DSCF3262.JPG
ものすごーーーく久しぶりに猫洞通の「ほ」さんへ
カワイイ作品たちを拝見しつつ、ぷりんかチースケーキのつもりが
DSCF3264.JPG
ポテサラと牛蒡チキンのトーストサンドを半分っこ
結果的にコレが大正解チョイスだったと2時間後に判明

さらにバスに乗って半年ぶりの本山へ
「裏の顔」を持たせる決着にしたことで野望を二つ一気に叶えた感♪
どんな再会を果たせるのかなぁ?
そんな楽しみでニヤニヤしつつ、ワインな夜で珍しく昼夜連続呑み
ダメ人間になりそうな春の土曜日でありました★

まさかの〆から [週末のこと]

春宵?酔い?好い?
とにかく10時間前にはこの展開を全く予期していなかったのですが

日が沈む頃に素敵なカウンターへ潜入してみたのデス
DSCF3266.JPG
謎掛けのようなリクエストをするmさんに用意してくれたのは
抽象画のようなエチケット、と思ったら本当に醸造家さん自らの作品だったとは!
ランドック Chateau de Gaure(シャトー・ド・ゴール)オピドゥム
様々な表情を見せてくれる奥行きのある味わい

「白でも彼女のと対比になるようなものをお願いします」
と言ってみるとアルザスのリースリングが
が、ただのリースリングではないことはエチケットだけで想像がつく
DSCF3267.JPG
え?2000年ですか??
アルザスRolly Gassmann(ローリー・ガスマン)リースリング
まるで貴腐ワインのような贅沢な香りと味に
これがリースリングなの???17年の熟成に肖りたいよ・・・

このような場所でのお作法に皆目見当もつかない訳ですが
先様との会話に乗っからせていただくことにして
ちゃっかり立ち読みしてみたかった本まで見せてもらって
あー折角だからもう1杯白くださいな♪

話の流れ上、当然イタリアを出してくれますよね
DSCF3268.JPG
ヴェネツィア・ジューリア Ronco Severo(ロンコ・セヴェロ)Ribolla Gialla(リボッラ・ジャッラ)
シャープだけどカワイイところもある
椅子の上の少年のような
恐ろしいことに、ぴったり合うお酒って本当に水の如く
モチロン酔ってはいるのですが、すごーく楽なの

mさんにはカプチーノ
DSCF3270.JPG
なんとまぁ、カフェだけの利用でもオッケーとは!
深夜のオトナお茶をひっそりと楽しむことも出来るって
カウンターだけでなくテーブルもあるのも嬉しいところ

そしてホント〆には名古屋の喫茶店でお馴染みのまさかのアレが!
ああ、また美味しいグラス+ほっこり〆を楽しみに行きたいな~
とはいえ、そうしょっちゅうと言うワケにはいかないけどね・・・

観月セット [日々のこと]

おこぼさんの月曜火曜のお楽しみ
DSCF3217.JPG
ミニ甘味+上生菓子+飲み物、全てお好みチョイスという嬉しいセット
オトモダチと半分っこするつもりで+上生菓子&お茶を二人で注文

ミニ白玉あずき
DSCF3220.JPG
大納言と白小豆、2色のあんこ♪うひひ~

桜もちは道明寺
DSCF3218.JPG
こまかな頭道明寺にこし餡
そして、きさは今季二度目になる遠山餅
DSCF3221.JPG
1回目はパクっと食べちゃったからね~
細かく見える蓬ですが、口に運ぶとすごーく香ります!
これでも昨シーズンの冷凍とはびっくり!!
今年も自らヨモギ摘みに行かれるそうですよ~草もち楽しみ★

パイなのか?タルトなのか?? [週末のこと]

いや、これでもバナナケーキなんですよ!
DSCF3200.JPG
パイの中にバナナの大黒柱がどんと構える迫力のケーキ
隣は初めての林檎のタルト
どっちもニッコリしちゃう和み系♪
ハイデルベルグさんの生菓子、あと暫くは知多に行く度に買っちゃうんだろうなぁ

珈琲じゃなくて [日々のこと]

ハーブティもイイね!と今更ながらにサヤさんで
DSCF2877.JPG
いつもあまり考えることなく珈琲をお願い→パンを選んでいたけれど
冬のある日にふと、ハーブティが飲みたくなって以来
続けてハーブティをお供に選んでいるのです
その日のフレーバーからパンを選ぶのもまた楽しいもの

いつもとは違ったことをしてみると
新たなことに気付けるけれど
なかなか習慣も変えられないものね~


直前特訓・後編  [agréable]

明日京都に行くと決めてから最初に確認するのはモチロン

タンドレスさんのメニュー

・・・・コレハマサカノ!小躍りしちゃう!!

しかし不安も過ぎる
本当は全てテイクアウトにして名古屋に戻ってから食べよう
そう思っていたのに
だけどだけど、この千載一遇のチャンスを逃すことなど
出来る訳がない。万が一そんなことを言い出したら、

帰りの車中は間違いなく一人ぼっち(笑)
ま、もしもリミットまでにサロンが空かない時はmさんを残して先に帰るつもりだったけどね
しかし山口家のお母さん&常連様方々のご配慮で
念願の対面を果たすことができまして

赤い実のパンベルデュ
DSCF3147.JPG
私たちが敬愛して止まないお菓子な方が
タンドレスさんのお菓子のなかでも一番印象に残っている逸品
と語ってくれていたこの一皿
当然ながら、その場で焼き上げたパンベルデュにキルシュの効いたクリームと
ベリーたっぷりのソースを載せるわけなのでサロン限定(そして時間も掛かる)

くぅぅぅぅぅぅぅぅ~
美味しい、という言葉の前に
スゴイ!って言葉が口からこぼれる
はぁぁぁ~コレが食べられて良かった
ブリオッシュの香り、アーモンドの香ばしさ、ひんやりパティシエールにベリーたち
モグモグするお菓子の中でこの世で一番繊細だと思うよ
なかなかの大きさなのですが、時間が許せば一人一皿にしたかったくらい

3ヶ月ぶりの再会ね
DSCF3146.JPG
クリスマスの楽しい記憶を思い出すのよ
可愛く見えるけれど結構オトナなお味なんだから!

コチラは初めて山口シェフのノエルを食べることが叶ったときのメニュー
DSCF3151.JPG
黒い羽のような美しくて軽やかでエレガント
フワリと静かに舞うように口の中で解けるのです

こちらのチョコはグリオット
DSCF3150.JPG
妖艶な雰囲気で魅了してくれちゃうのです
忘れたくても忘れられない

3連休の初日は皆さん警戒されていたのか
DSCF3139.JPG
それでもサロンに居る間にどんどんお嫁に行ってしまったけどね

この日は4つで名残惜しく席を立ち
もうホントにギリギリです

4つで我慢したお蔭で計画通りに帰ることができまして
ホっとしつつのお土産整理&夕おやつ
それにしても、なんちゅータイミングで合流しちゃうんだか(^^;

お彼岸week企画ということでお赤飯2種
DSCF3152.JPG
左は中村軒、右は鳴海餅、グラム単価は然程変わらないけど
きさのタイプは中村軒、でも鳴海餅は山菜おこわも美味しーよ♪

土曜日企画な上生菓子2箱
DSCF3154.JPG
改めて見ても渋い!
DSCF3156.JPG
3分の1にするのが惜しくなるほどの鹿の子
DSCF3158.JPG
20年モノだそうですよ。もう平伏すしかない
DSCF3159.JPG
大島に備中って組み合わせ、たまんない!

薯蕷ひとつだけ残して
DSCF3160.JPG
弥生の嘯月は優しい色
DSCF3161.JPG
中でも外郎が綺麗でした
DSCF3162.JPG
つくしとわらびの薯蕷
DSCF3163.JPG
20代と40代だなぁ(苦笑)
便利に入手するということは、こーゆーことなのか・・・

厳重装備で臨みましたからね
DSCF3165.JPG
中の保冷剤カチンコチンのまんまで、いざ!
DSCF3166.JPG
こちらもキッチリ夜おやつに♪


とにかく全てがギュウギュウだったけど
ホントに行って良かった!

チクサクサンサク [aujourd'hui]

ゴキゲンな事が山盛りの一日
DSCF3259.JPG
バスに乗ってアッチコッチ気付くと日が暮れて

祝杯しつつ今後の展開に妄想しながら夜も更けて
再会できるのは秋なのか、そのまた次の春なのか
期限は無いけどいつかは戻ってきてくれる
それを待つ楽しみが嬉しい!

直前特訓・前編 [agréable]

3連休直前まで土曜日に何しようか?が決まらないなんて
何で何で??と思った金曜の朝

京都、行かなきゃ

いやいやいや、ホントはそれはいつでも思っていることだけど
翌日に重要ミッションが決まったからには初日は大人しくしておこう
そう決めていたのに

高松は無理だけど、京都なら

四国まではヒョイとは行けないけれど、京都は無理したらヒョイなんだもの!
しかし一番大事なのは「日曜までとにかくご安全に」
そして
「騙されたと思って明日は京都」
その一言で、すんなり助手席オッケーってミラクルすぎる!

その26時間後、南座向かいの鴨東駐車場に
DSCF3129.JPG
いやはや3連休ナメたらイカン!な渋滞でしたが、どうにか許容時間内の遅れで
何度も京都には来ているけど、こんな繁華街に乗りつけたのはモチロン初めて。
今シーズン初の日傘登板で四条大橋を渡って高島屋へ
5000円の買い物で3時間(30分200円)駐車サービスが受けられるので
とりあえず商品券を買って地下に降りてみると
さすが京都高島屋(数年前に来た時とはレイアウトがかなり変わっていた)
DSCF3126.JPG
和菓子コーナーの充実っぷりは流石、と眺めていると
DSCF3125.JPG
「嘯月」って、そんなまさか!
聞くと京都高島屋でも年2回しか入荷しないのだそう
・・・行きますか?
・・・・行くでしょう!
後先考えずに上生菓子5個入り箱を購入し
(ホントは塩モノでも買う?なつもりだったのに)
お彼岸ならではのモノだけとりあえず買って←そのハナシは後編へ
とにかく時間が無いので急いで本日の一番ミッションへ

3日間だけ京都に来てくれたから

先客様もなんと知多から新幹線で上洛されたそうですが
指定が取れないくらい混雑していたのだそう
1時間だけじゃ短すぎるけれど
ホントは丸々一日でもココに居たいけど
それでも、とにかく来て良かった!

時間が許すなら3時間目一杯停めてお買い物もしたいけど
(チラリと覗いた某店でウチの子の姉妹を見つけたのは嬉しかったなぁ)
とある目的があって久しぶりに鍵善芳房だけはと思ってね
DSCF3127.JPG
ソソられるものもありましたが下見だけして退散
だってもう和菓子増やせない・・・菓寮なんてとても無理だよ。葛切り食べたかったけど。

もう予定時間を10分くらい遅れていて焦りつつも
DSCF3132.JPG
この駐車場のシステムには感心ナリ
車道に出難いのが難点ですが団栗橋で華麗にターンして丸太町通りまで上がって

千本通りを越えたところで
DSCF3164.JPG
アリンコさんのお菓子だけピックアップして

今日はココにはどうしても寄ろうと決めていたんです
DSCF3137.JPG
威風堂々の暖簾を目の前にすると
ああ、これぞ老舗だなぁと
お客様はひっきりなしで折角ご主人が出てくださったのに
惜しいことした・・・いや時間足りなかったから仕方ないけど

もう腸が千切れまくりの状態で
立ち寄りたい欲を押さえ込みながら一乗寺へ
・・・お腹空いたねぇ
空腹のままでは無理だわ
DSCF3138.JPG
と、いう訳で先ほど高島屋内の鳴海餅で見つけた山菜おこわ
伽羅蕗がナイスな塩味でとても気に入りました!
二口ずつだけモグモグとしまして準備完了・・・後半へ続きます

あっちもこっちも [いただきもの]

昨夏雨に濡れながら向かった西八王子
DSCF3198.JPG
もう行く機会も作れないだろうなぁと思っていただけに
とても嬉しい。そしてやっぱり美味しい。また、行きたいなぁ。
すごーく混乱の中で姿すら見る間もなく食べちゃったけど
国分寺のチュイルも美味しかった!

さいたま新都心は・・・もしかしたら二度目の可能性あるかな
DSCF3197.JPG
迷う迷うの焼き菓子棚から次は何を選ぶ?
そして
高幡不動も行きたいなぁ
キラキラな杏ちゃん
最後のプラタヌにたっぷり垂らしてシアワセに浸りましたとも!

お疲れの中ホントに盛り沢山ありがとうございました★
さすがの行動力に脱帽です~

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。