So-net無料ブログ作成

今年は中日で [agréable]

お彼岸のことを
DSCF8682.JPG
もちろん楽庵老木やさんの牡丹餅から始まるに決まっていて
DSCF8683.JPG
コレが無ければ春はやってこないのよ

とはいえ、この日は一日雨の予報で

とりあえず涼太郎に連行せねば
DSCF8684.JPG
みず穂食パンをやっと買って熱々の枝豆チーズを齧りながら

日月休みだから3人で行きたいのは椿さんでしょ!
DSCF8692.JPG
と、いうことでカウンターに並んで半分はダー、そのまた半分をmさんと半分っこで丁度よいペース
DSCF8694.JPG
バナナブリオッシュはハジメマシテやね~
DSCF8695.JPG
クッキー食べながら丁度Hさんが貸してくださった某誌をパラ見していたら
DSCF8696.JPG
なんともタイミング良過ぎる展開でビックリ!気付いたらメチャ長居してたよ~

ハテサテ、どこ行こうかなぁ??

あ!
こんなチョイと肌寒い日は関東煮なんてどう??

岡崎までの車内で
DSCF8698.JPG
バゲット背比べしたら、ほぼ一緒
DSCF8700.JPG
断面眺めてニヤニヤ出来ちゃう助手席って楽やね~

で、二人は初めての和泉屋さんへ
DSCF8702.JPG
タイミング良く中の席も空いていたので
DSCF8704.JPG
思い思いに関東煮(大根が煮えるの待ちだったのが残念!)
DSCF8703.JPG
こんにゃくがメチャ美味しくて(こんにゃくだけで販売してたの買い忘れた~次回は必ず)
甘モノは三人ともパス。今度はおはぎ食べよう!

せっかく岡崎まで来たんだから
DSCF8706.JPG
図書館を覗いたり、Dr.Jazzこと内田修氏の展示室とか
また雨の日に行きたいなぁ

そろそろ珈琲飲みたい!
どこ行こう??

ずっと気になっていた日月休みのスペシャリティ珈琲店まで
今思えばずっと前(改装前)に一度自転車で行ってたかも?
DSCF8707.JPG
店内で飲めるのは会員さんだけ、ということでto goだったのだけど
アテが外れちゃったなぁ・・・

それなら衣浦大橋を越えて半田まで足を延ばすことに
茶寮にしようかと思ったけど渋滞する前に帰りたいし
DSCF8709.JPG
本店で上生を4つ選んで珈琲と一緒に、って悪くないでしょ♪
DSCF8710.JPG
焼き皮のげんげ、桜羽二重、ぐるぐる浮島、練り皮の春

ねー、去年のお彼岸も楽庵さん→松華堂さんじゃなかった??
確かに!
和菓子とパンと珈琲の春分の雨の一日はあっという間だったのでした★
コメント(0) 

まぃまぃ堂@福知山 [agréable]

新町商店街の小さなオアシス
DSCF8953.JPG
3年ぶりに厨房からヒョイと顔を出してくれたら
もうそこからは
すぐに
DSCF8955.JPG
カフェブーム、とは別次元というか世界で
更に更にパワーアップした空間が広がっていて
もう何時間でも居たい場所
「ご用意ができましたよ~」の声に
DSCF8954.JPG
ミモザのテーブル、お庭の柚子で作った柚子ネード、そしてハーブティ
ジャムと大人味のクロテッドクリームを添えたスコーン

不思議なステキな物語が折り重なる場所は
どんなゲストも温かく迎えてくれる
居心地良すぎて時間を忘れる・・・いかん、いかん
そろそろ行かないと

名門堂千原まで送ってもらって助かった
DSCF8960.JPG
里柿が有名なお菓子屋さんですが
DSCF8961.JPG
今回のお目当てはコッチ
DSCF8962.JPG
おやつ用の里柿の端っこがラフに袋に入って売ってたので
(端っこなので柿入ってない!笑)
DSCF8971.JPG
うま栗の包装もまたそっけない、というかコロンと飛び出す
DSCF8972.JPG
出来た日よりも羽二重が締まった方が好みかも
ふんだんに栗を使った贅沢なお土産菓子ですね~
食べられて良かった!

歩かずに済んだお蔭で
DSCF8964.JPG
もう1軒、欲張ってしまったりして
「6時2分の電車に乗りたいのですが、よろしいですか?」
「盛りしか出来ないけどイイ?」
「ええ、もちろん!」
DSCF8965.JPG
お蕎麦が茹で上がるまでお寿司まで食べちゃったり
高野豆腐が入るのが関西風かなぁと思う
最初に福知山を訪ねたときもこんな感じだったなぁ
DSCF8966.JPG
そして二八のお蕎麦をスルスルっと平らげて
蕎麦湯までしっかりいただいても時間OK!

知らない間に北近畿タンゴ鉄道は高速バスのウィラーの傘下になってたのですねぇ
DSCF8970.JPG
一度くらいは天橋立まで乗ってみたいもんだねぇ

と向こうのホームを眺めながら綾部行きに乗車
行きもだったのですが前週よりも乗降客数が圧倒的に多くて
遅い出発&早い帰還だったのに今回の方がしんどかった!

しかし既に夏の18きっぷ計画も決まってるからね~

コメント(0) 

由良川とポッポランド@福知山 [agréable]

中央の桜が咲いている辺りが三段池の公園
DSCF8946.JPG
その脇にある洋菓子マウンテンまでは駅からタクシーを使ったのですが
帰りは歩くと決めていました
DSCF8947.JPG
福知山城(↑中央辺りに写っている)を眺めつつ
DSCF8948.JPG
由良川を越える橋を歩いていると、もーのすごい強風で日傘が持って行かれる~
DSCF8945.JPG
城側とは反対側の川下エリアの住宅はかなりの高さの石垣
きっとコレのお蔭であの水害も乗り越えられたのだろう
片や、いつの世も何が起こるかわからないけれど・・・

橋を越えると行きのタクシーから見えていた老舗のお肉さん
DSCF8949.JPG
二週続けて、とも思ったものの今日は特急も使ったし我慢
その数軒先には
DSCF8950.JPG
ポッポランド2号館。ココもあることは知っていたけど初めて見たよ
そのすぐ先の新町商店街に
DSCF8951.JPG
最終営業日を迎えていたポッポランド。ココが無かったらもしかしたら
こんなにも福知山に来るコトも無かったかもしれない

いや、実際にはポッポランドに入ったことは無いのだけど
どんなとこかな?と思い新町商店街まで歩いたのが
不定期福知山通いの始まりだったんだっけなーと

キッカケはどんなところに落ちているか判らない
その先に小さな光る何かを見つけられるか
それは運次第なんだろうなぁ。3年ぶりにやっとそのドアに手を・・・続きます
コメント(0) 

洋菓子マウンテン@福知山 [agréable]

2度の水害を乗り越えて丘の上に立派なお店を構えられて約二年
DSCF8925.JPG
お隣の三段池公園の桜は2階のテラス席が特等席だね
DSCF8926.JPG
週末の午後ということで沢山のお客様で賑わっていました

こちらはCELLAR DE CHOCOLA
DSCF8927.JPG
お約束のあの映像とトロフィーはしっかり飾ってありまして
せっかくなので2階の席で(テラスは日向しか空いてなかったので店内で)
DSCF8930.JPG
チョコマニアってソフトクリームと
DSCF8933.JPG
冷蔵ケースの上にアプフェルシュトゥルーデルがあったら、ねぇ
見た通りのパリ皮だけど具は結構みっちりで400円って安いなぁ

またしても茶色いグルグルのお菓子を選びたがる病
DSCF8934.JPG
生菓子も一番地味なモカ・クラシック420円
この後の展開を考慮して飲み物は珈琲1杯だけでしたが全部で1,580円と優しいお値段

お客さまも沢山だけど、それ以上に席がたっぷり用意されていて
幅広い年代の地元のお客様がそれぞれ楽しそうで
多くの若いスタッフさんに混じってサロンに出られていたベテランマダム

もしかして?

二人とも同じことを思いました。ちょうど手が空いてそうなタイミングで
「もしかして、水野シェフのお母様で・・・」
「はい、でも似ておりませんでしょ~」
「いえ、わたしたち直ぐにもしかして?と思いましたよ~」
ここまでの経緯をさっくりお話しすると
「生憎今日は出かけておりまして・・・」
「いえ、お母様とお話できて本当に来て良かったです」

1階のお庭にはワンコ連れで楽しめるカウンター席もありました
DSCF8942.JPG
背面には水野シェフが集めたであろうアンティークの製菓道具がびっしり
見ているだけで飽きない~張り付いて見てしまったよ!

優男風な水野シェフですが実は相当なタフでキレモノ
本店が落ち着いたらまた名古屋三越に来てくれないかな~
コメント(0) 

福知山への道は今回も [agréable]

芦屋から尼崎に戻って、予定していた丹波路快速までは待ち時間も余裕があるかな?と思っていたら・・・

大阪圏の各路線が火災、事故、緊急停止と重なりダイヤが大混乱
当初乗る予定だった福知山線丹波路快速は乗降客数も少ないので復旧優先順位は最下位
主要路線は運行休止などしたらホームに人が溢れてしまいかねないから仕方が無いとはいえ
駅員さんに聞いても運行取りやめになるかもしれない、復旧するとしてもいつのことやら?
とにかく全ての列車が遅延し放題の状況では行き先を変えるのも得策ではないし

そもそも、今日こそは3年ぶりに福知山へ!それが第一命題なんだから!!

どうやら遅れ遅れになっている特急が出るらしい
もし復旧したとしても快速+普通で単線区間ではいつ到着できるか怪しいもんだ
でも特急なら第一優先で運行するはず
福知山での滞在時間をどうしても確保したい!
DSCF8912.JPG
で、特急こうのとり(運賃1,940円+特急券自由席1,400円、って18きっぷ1日分より高い!)
DSCF8918.JPG
デッキに立っている人を見かけて指定にするべきだったか!とドキっとしたけど
DSCF8915.JPG
無事にヨシカワさん生菓子おやつタイムとなりました♪

もうこの展開って3年前と同じ・・・ぽた子さんと別れた後、福知山に行こうとして特急行使
(あの時は天王寺~京都を特急はるか、京都~福知山を特急きのさきだったけど)

なんでこうも福知山行きばっかりアクシデントが起こるんだ??
福知山には何か棲んでるんだろうか?
二度有る事は・・・いやいやいや
DSCF8916.JPG
とはいえ、やっぱり特急は快適だし焼き菓子の仕分けも出来ちゃうし
当初の予定時刻とほぼ変わらない時刻に福知山に到着することができました

今回は初めて福知山駅南口から
DSCF8919.JPG
歩いて旧市内なら北口、車でのアクセスには南口(国道9号に出られる)という使い分けみたい
DSCF8920.JPG
ポッポランドだけかと思ったら駅前公園にも蒸気機関車、しかも転車台付き!

風が強い~と歩きながら洋服の青山を目指して
DSCF8921.JPG
すぐ裏のみずいろぱんへ
DSCF8975.JPG
京都市内から移転されてきたお店だそうです
DSCF8976.JPG
照り焼きチキンバーガー巻き込み状態のリュス
結局この日の夕食としていただきましたが、もうちょっと買っても良かったかな~
いや、予定外の出費があったので控えたんですよ、一応。

流しのタクシーが全然通らない国道9号、まぁそんなもんか~と思いつつ
福知山駅まで戻って北口に廻って(ちょっとでも節約ね)
タクシーに乗って向かうのは・・・続きます
コメント(0) 

優雅なお花見@芦屋 [agréable]

2018春の18きっぷツアー第二弾は

桜満開の芦屋からスタート
DSCF8889.JPG
ぽた子さんが新大阪から合流してくれたので3人で
DSCF8894.JPG
相変わらず大行列のパティスリープランの向かいの珈琲屋さんTORREFAZIONE RIOを覘いてみたら
DSCF8896.JPG
「あ!」「コレって!」「うめはんの!!」
そう、2ヶ月前に梅田阪急チョコ祭りのイートインカウンターで登場していた
エスプレッソ+エリタージュのカカオフェルメントシロップ+トニック
この日は初夏のような陽射しだったので
DSCF8897.JPG
そしてこのメンバーが揃っていて試しても良いだろうと
今回は桜バージョンだそうで桜のエキスを仕上げに1滴
もちろん1杯はあったかい珈琲を注文しました。だってこれから

ベッカライビオブロートお隣の公園で
DSCF8905.JPG
お向かいのメツゲライクスダと芦屋の宴が始まるのだから!
DSCF8900.JPG
ムフフ、もう想像通りの素敵過ぎる展開で大満足なのだ~
DSCF8902.JPG
久々の芦屋南コンビを満喫できて良かった★

続いては坂を上って芦屋北コンビ、と言いたいところだけど
シュターンさんは午後からの営業だそうで
(それでも再開してくださって本当に良かった!)
DSCF8906.JPG
住宅街の路地も記憶の通りに歩いてヨシカワさんへ
DSCF8907.JPG
当然のように焼き菓子はほぼ全種類カゴに入れて
買わないつもりだった生菓子もメニュー見たらあっけなく前言撤回
幸いなことに他のお客様もいらっしゃらなかったので
久しぶりにマダムと色々お話が出来て、この日一番の目的は果たすことができました

阪急で梅田に戻るぽた子さんとはココで解散
予定よりも1本早く尼崎に戻れるかなぁ、と思いながら坂を下ってJR芦屋駅へ
まだこの時は二人とも、直後のまさかの展開を想像すらしていなかったのです・・・
コメント(0) 

山陰美味三昧 [agréable]

岩井窯を出て道の駅岩美へ向かう途中
この「肉のたむら」の前を通過して
DSCF8796.JPG
田村牛・・・時間が無いのにUターン
実はこの1時間少し前、岩井温泉へ向かう途中に
こちらのトラックが目の前を走っていたのを思い出して
なんだか気になっていたのです。
駐車場には何台かの車が停まっていて
中に入ると入り口に注文の都度揚げてくれるお惣菜が
5分ほどで作ってくれるということだったの
DSCF8802.JPG
じゃがいもに挽肉がたっぷりの田村コロッケとメンチカツ
もちろん揚げたて熱々を車内で頬張りましたとも!
駐車場に停まっていた車の中でも同じ光景
もちろんお土産に買って行くのだけど
1つは絶対その場で食べちゃうでしょ!!
さすがにそれぞれの半分を半分っこだけ食べて出発
そうそう、精肉売り場も要冷蔵のお惣菜も品揃えが素晴らしく
さすがにお肉という訳にはいかないので、せめて佃煮だけ
焼き肉のタレまで売っていたのですが安心の材料だけという徹底ぶりで
さらにはコチラの田村牛はトランプ大統領と安倍総理も銀座で楽しんだそうな
いやはやビックリなのでした♪

そして道の駅岩美へ
DSCF8805.JPG
貯蔵した梨が気になるけど重たくてヤメ
それよりも
山陰の海の幸が驚く程安くて、持って帰りたい病第二弾
DSCF8809.JPG
なんだったら醤油か塩があったら刺身で食べたいくらいの190円の浜坂産赤エビ
大きなカレイも480円、白ハタがたっぷり入って170円ってさすがの地元価格
鳥取産の焼き鯖と白ハタのフライだったら大丈夫かな、と購入

しかしお目当ての生姜煎餅(伊藤一心堂さんと食べ比べるためのモノが欲しかった)
隣のスーパーも覗いても見つけられず
もう鳥取市内に寄っている時間がないので鳥取道に入ったところの道の駅で
きさ充電の間にどーにかmさんが見つけてくれて、やっと帰れる~

と、言うことで帰り道
前回の鳥取夏ツアーは西陽をモロに浴びながらの帰りの運転がキツかったのですが
今回は全然楽でスイスイと姫路まで戻ることができました
とはいえ、セルフばかりのエリアなので最後の給油が一番のモンダイだったりするんだけど

レンタカーを返却して
DSCF8821.JPG
あなご寿司が買えるかなーっと思ったものの大行列で今回は諦め
DSCF8822.JPG
すぐ向かいで鯛焼きを1匹(養殖だったけど如何にもあのお店を模してる様な)
DSCF8825.JPG
何がイイって帰りの新快速が始発で乗れること!
あったかい鯛焼きを齧って

ああ、お腹空いてきたぞ~
DSCF8826.JPG
この日の一番の美味しい!は、トゥジュールさんのパン ド ミで決まり★★★
もうね、もうね、こんなに繊細なのに大らかなパンってあるんでしょうか??

あった!
そして参った!!

そして山陰サンド
DSCF8827.JPG
白ハタのフライがナイスサイズでありました♪
こりゃウマっ!そしてすぐに薄く2枚が切り出されメンチカツサンド
さらにもう1枚が切り出されポケットコロッケサンドにしたら

あぁもう半分も食べちゃったよぉ・・・
mさんが2本頼んでくれて良かったぁ~
ご近所さんも買われる食パンだから余所者が2本も買ってしまうのは、と
少々気が引けたのですが、グッジョブでした~

結局今回も姫路では
DSCF8722.JPG
お城を車窓の先にチラリと覗いただけで
DSCF8720.JPG
全然観光できなかった・・・この姫ちゃり、パリのヴェリブと一緒の方式でいいなぁ~
DSCF8719.JPG
今回は寄れなかったけど、チョッと気になるお店も見つけたので
いつか廻れるとイイなぁ~

と、言う訳で2018春の18きっぷツアー第1弾は無事終了
第2弾は・・・また追って。
コメント(0) 

岩井窯@鳥取県岩美町 [agréable]

鳥取の話を再び

トゥジュールさんにコチラの案内がレジの前に並んでいることに
ああ、やっぱり
って気持ちになって。サロンがお休みだったから少し時間もあるし
生姜煎餅を買いに行った伊藤一心堂さんからもオススメされたので
今回は行くべきだと
岩井温泉街から山道を入ること車で数分
DSCF8768.JPG
民藝好きならばその名を知らぬ者は無い岩井窯へ
DSCF8771.JPG
登り窯と天日干しされている素焼きの器の前にコチラの主
DSCF8792.JPG
とーっても穏やかな秋田犬のハナちゃん可愛いー!

用の美、を体感するべく喫茶HANAへ
DSCF8775.JPG
岩美産有機米を土鍋で炊いたご飯の大きなお握りとお味噌汁、お漬物、昆布と山椒のつくだ煮
DSCF8785.JPG
もうね、日本昔話から飛び出してきたみたいなお膳ですよ
だって海苔は1枚の半分サイズ使用ですからね~
さらには
熱々の豆腐チゲ&ご飯
DSCF8783.JPG
直接火に掛けられる器でグツグツ、ふぅふぅ、むふぅ~~おいひぃ!!

本当はショップもギャラリーもゆっくり見たかったよね
でも
「時間、大丈夫?」
もし見学してしまったら10分や20分ではとてもとても
それくらい二人にとって大好物が並んでいるのは判ってるけど
DSCF8769.JPG
今回は後ろ髪をグィグィ引っ張られながら後にすることに
きさの3倍は見学したかった筈なのに
mさんには本当に申し訳なかったよ・・・必ずまた行きましょう!

出来れば今度は花まつりに
http://iwaigama.jugem.jp/?eid=1441460
トゥジュールさんのデザート、食べたい!!

もう少し鳥取ツアーは続きます~

コメント(0) 

2018年春のTOUJOURSさん [agréable]

「行きたいね」「ホントに行きたいね」
そう思いつつも既に30ヶ月が経ってしまった
DSCF8757.JPG
きさは初めての春の鳥取。全てはこのお店が在るから。
姫路駅でレンタカーの手続きを済ませる間に(今回はこのNーBOXでした)
mさんが取り置きの電話を掛けてくれて(当日10時からのみ受付されています)
残念ながら素敵なサロンはクローズされていて
それならば、と持ち帰る気満々でスタンバイして臨みましたとも!

今回もマダムに「準備万端ですねぇ」と言われてしまいつつ
春らしい色合いのお菓子が並びました♪
DSCF8836.JPG
ウララカは瑞々しいイチゴのクレーム・オ・ブール
アンヴィはイチゴとチーズとシュトロイゼル
オモニエールの中身はイチゴとルバーブ
メリメロはイタメレの中にクレームブリュレとフルーツの果肉とソース
ココアで飾ったマロニエはクレームブリュレとメレンゲにバニラとマロンクリーム
そして
もう毎回食べてるバナナタルト(今回はきさチョイスではないけどこんな運命なのだ)

今回は大物狙いでお持ち帰り
DSCF8854.JPG
タンタシオンは
オレンジ風味のミルクチョコとプラリネとサクサクのフィアンティーヌの薄板を
シナモンの香るクッキーで挟んだチョコレートのお菓子
ダッコワーズ・ノワゼットには
自家製プラリネで作ったクレームオブールとレモンコンフィを挟んで爽やかに

そしてトゥジュールさんといえば
DSCF8857.JPG
薪割をして石窯で焼き上げたカンパーニュ
スナックナイフはサイズ感の目安であります
DSCF8858.JPG
小麦粉、ライ麦粉、水と塩と酵母と炎
口に含むをパワーを与えてもらえる稀有な糧

杏の花を眺めながらマダムとお喋りも束の間
DSCF8756.JPG
次から次へとお客様がひっきりなし
もうこの地に無くてはならないお菓子とパンのお店なのです

そうそう、今回連れて帰った大型新人さんのことは
最後のエントリでご紹介しますよん☆
コメント(0) 

森蔵@兵庫宍粟市・焼菓子編  [agréable]

実は森蔵さんの事は前回の鳥取ツアーの時からチェックはしていたのです
当時は宍粟市内の別の場所に「焼菓子森蔵」を構えておられたのですが
DSCF8751.JPG
今年の初めにコチラに移転された折に「森蔵」と変わって生菓子も色々と作っておられます
お菓子とインスタグラムは奥様、パンとサロンはご主人がご担当
サロンでケーキを頂いていると(前エントリ参照)ご近所さんがお誕生日ケーキを注文に
いらっしゃいます。昨今はインスタグラムの写真を見て「名前判らないけどアレを」
https://www.instagram.com/yakigasiyamorizou/?hl=ja
というご注文スタイルが一般化しつつあるような光景がコチラでも

駐車場が少しだけ離れた場所になるので先にmさんを降ろしてお店に戻ると
DSCF8728.JPG
「これでも凄く我慢したんだけど・・・」
そ、そうだよね
DSCF8729.JPG
コレだってホントは欲しかったよね(中にギモーヴ入り)
ちゃんと巣チョコまで作ってあるところが素敵じゃなーい!
でも我慢して
DSCF8840.JPG
せめて巣の卵・・・じゃなくてシュケットだけでも

バゲット以外のパンは前日焼きがお値打ちになっていました
DSCF8846.JPG
フルーツたっぷりのメリメロ、胡桃、そして釘付けのブリオッシュ♪
バゲットはかなり栗色のお肌と中身で
DSCF8842.JPG
当然のようにボストックも激美味でした~
DSCF8843.JPG
バゲットの再生版ぬれラスクも面白かった

こんなに沢山の地方菓子がこの地で発掘できるとは!
DSCF8860.JPG
5人居たスイスが帰る頃には1人になってたのにもビックリ!!
大きなブロワイエを割らずに持って帰ってこれて良かった~
袋から取り出した瞬間、眉がピクっと動いたことを見逃す訳ないし
ナヴェットにスペキュロスにパルミエ、ビスコッティに見えるのクロケ・オ・ザマンドは二度焼きではないのでそんなには固くないの

うぎゃーーー
DSCF8861.JPG
食べたいけど誰もやりたがらない係
アニョーも食べたかったけどね・・・ま、来年に期待しましょ
DSCF8734.JPG
甘いお菓子の香りと窓辺に飾った1輪のスイートピーの香りに和みつつ
ホントに来てよかった~~とつくづく☆

鳥取と違って冬でもどーにかなる立地だから必ずまたお邪魔すること間違いなし!
コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。